ビリヤード用語集

【球なり(たまなり)】とは?ビリヤード用語の意味や用途を解説

 

 

球なり(たまなり)

無理なく取り切れそうなテーブル上の配置。

 

キュー切れや過度のヒネリ、ハードショット等に頼ることなく、ほぼ手球を転がすだけで取り切れそうな状況。

 

または、適切なフリに手球をコントロールすることで、無理なく自然に取り切る理想的なポジションプレーを表した語句。

 

「球なりに撞きさえすれば取り切れそうじゃん♪」

 

類語→チョンチョン

参照→キュー切れ、取り切り、ヒネリ、フリ、ポジションプレー

 

 

スポンサーリンク



 

ピックアップ記事

  1. ビリヤードの空クッション(ワンクッション)の狙い方①!ひねり無しの場合
  2. ビリヤード初心者に効果的な練習方法と手順!センターショットはまだ早い?
  3. ビリヤードの空クッション(ワンクッション)の狙い方②!ひねり有りの場合
  4. ポケットビリヤードの才能には2パターンある!あなたはどっち?
  5. WX900シャフトのレビュー!特徴や打感は?ノーマルから乗換えはアリ?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP