ビリヤード用語集

【スリーポイントルール】とは?ビリヤード用語の意味や用途を解説

 

 

スリーポイントルール(すりーぽいんとるーる)

ナインボール及びテンボールのブレイクショット時に適用されるルール。

※ 詳細は後述。

 

WPAが2012年から正式に採用したとされる、ソフトブレイクを抑止するためのルールで、現在まで国内外のポケットビリヤード大会で徐々に普及した。

 

このルールに定められた条件を満たさないブレイクショットは「イリーガル(不当な)ブレイク」と見なされる。

 

ジャッジが困難なケースも予想され、レフェリー不在の試合では課題も残される。

 

スリーポイントルールの詳細

【スリーポイントルール上の合格基準】

・的球が3個以上ポケットされた場合

・的球が2個ポケットされ、かつ1個以上がヘッドラインを通過した場合

・的球が1個ポケットされ、2個以上がヘッドラインを通過した場合

 

※ いずれも手球はカウントの対象にならない

※ ブレイクエースが採用されたルールで9番がポケットされた場合、ほかの的球2個以上がヘッドラインを通過していれば、エースは成立する(不成立なら9番はフットスポットへ戻される)

※ ヘッドラインにタッチした状態で止まったボールは通過したと見なされる

※ イリーガルブレイクと判定された場合、相手プレイヤーは「プレーを引き継ぐ」か「パスする」かを選択する権利を得る

※ 相手プレイヤーがパスした場合、ブレイクしたプレイヤーはプッシュアウトを選択できる

※ プッシュアウトされた相手プレイヤーは「プレーを引き継ぐ」か「パスする」かを選択する権利を得る

※ ブレイク時のファウルについては、現行ルールと同様に相手プレイヤーがフリーボールとなる

 

関連語→イリーガルブレイク

 

 

スポンサーリンク



 

 

関連記事





ピックアップ記事

  1. ネクストのコツや考え方!手球のポジショニングと組み立ての基本とは?
  2. 少しだけ引いてポジショニングするコツ!ビリヤードの手球コントロール
  3. サイド穴前の的球を空クッションで狙う方法!縦バンクのシステムを応用?
  4. 後藤章二師のことを思い出すままに書いてみようと思う Vol.10
  5. 球が入らない時のチェックポイント!ビリヤードのショットの注意点

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

Facebook:SPOLAN LEGENDS
Twitter:@spolan_legend

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


新着記事

スポンサーリンク

PAGE TOP