脱ビギナー

ビリヤードのコツとは?本当の初心者のために最短の上達法を考えてみた

 

 

「ビリヤードのコツ」についての質問が多かったので、こんな記事を書いております♪

 

と、その前に・・・

 

おいらは、中学生の頃に剣道部に入ってハマり、上手くなりたい、強くなりたいって思っていました。

ここに、おせっかいでちょくちょく指導に来てくれるオヤジがいたんです。

 

ある日、おいらは質問してみましたよ。

「上達するコツは何ですか?」

って・・・。

 

するとオヤジ殿、

「ん~・・・コツコツやることだな」

 

単なるオヤジギャグだったんだろうけど、今思えば意外に奥が深い・・・?

 

そもそも、コツコツやるには何かしら指標が必要なわけで、その「何かしら」は、何かしらぁ~? って話であります

(・ε・`。)ン?

 

で、考えてみると、肝心なのは「基本」なんですな!

これは球撞きでも同じこと♪

 

とくにビギナーなら常に基本を頭に入れながら、日々の修練を積むわけですよ。

すなわち!

 

コツ = 基本を身につけること

 

と見つけたり!

 

「じゃ、基本って何だよ!?」

って?

 

はい、はい、今からお話ししますよぉ~♪

 

 

スポンサーリンク


 

 

ビリヤードのコツすなわち基本とは?

まずは、小難しいことは抜きに、取り急ぎ、まともに手球を撞けて、簡単な配置ならポケットできるレベルまで持って行きましょう!

 

そのためには・・・

 

① キューをまともに振れるようにする

② 近くて真っ直ぐな配置からシュートの練習

③ 厚みを覚える

④ 徐々に細かい部分の修正

 

といった順序で、確実に身につけていくべきであります。

 

は、生まれて初めての動作なわけで、最初からスムーズにできる人のほうが珍しいです。

でも、基本中の基本なので、本気で上手くなりたいなら自宅でも素振り!!

 

ができるようになればだってできるはずです。

ショットの感触と、入れるという感覚を身体で覚えたいですね。

 

ができるようになれば、今度はちょっぴり実戦を意識して、振り(角度)のある配置の球を入れられるように練習したいです。

 

そして、がそこそこできるようになれば、あとは

 

事あるごとに試行錯誤しながら修正することになるはずですが、それは撞球人(たまんちゅ?)の宿命でありますよ。

 

で・・・!!

これらを身につけるために必要な大前提となるのが、次に語っちゃっていることなのであります!

 

レスト

① レストをしっかり組む

 

 

① テーブル上に手の平をつく

② 中指の第二関節に親指をつける

③ 人差し指でキューのシャフトを包む

 

ビギナーの多くが、このレストすらできていないですね。

誰かが、教えてもプレイしているうちに、親指、人差し指、中指が固定できずに、どれかが離れちゃったりして・・・。

 

慣れるまでは意識して、しっかり3本の指をくっつけたまま維持することですね。

 

② 手球とレストの距離は15~20cm程度あける

多くのビギナーは、レストと手球の距離が近くなりがちのように思います。

 

気持ちは分からなくもないんですが、それではまともなストロークができる間隔さえないですよね。

 

フォーム&ストローク

① 両足の位置(スタンス)をしっかり決める

足が開きすぎたり、気をつけの姿勢みたいだったり・・・。

無理のない一定のスタンス、足の位置を意識してほしいですね。

 

参考記事>>>ストロークの左右のぶれ!抑えるポイントは足の位置?ビリヤードのショット

 

② 利き腕の肘からグリップにかけて垂直に下げた位置に固定する

キューを持つ腕の力を抜いて、肘から下を自然にぶら下げる感じで構えます。

 

これが、キュー先が手球をヒットする位置、すなわち基本姿勢になります。

 

③ 利き腕を安定させるために脇を締める

②の姿勢だけでは不安定なので、腕ではなく、脇に若干の力を入れて固定する感じです。

腕をぶら下げるだけでは、おそらく左右にブレちゃうと思うので・・・。

 

ただし、腕やグリップまでも力んじゃうと逆効果です。

 

④ グリップを脇腹にくっつけるくらいのイメージで、キューがみぞおちの下を通る感じ

構えたときに、キューが身体の中心を通る状態が、もっとも真っ直ぐに近いキュー出しを実現すると思われます。

 

なので、キューがみぞおち辺りを通る感じ、と表現してみました♪

 

⑤ 肘から下だけを使って、振り子の要領でキューを振る

実際にキューを振る(ストローク)の際にも、腕やグリップの力みは禁物です。

 

また、ストロークは、テイクバックしてから一拍置き、キュー出しの力とタイミングにムダがないようにスムーズに撞き出します。

 

 

⑥ グリップは握りすぎないで、生卵を持っているくらいの加減をイメージ

キューを握る手に力が入りすぎると、腕全体が力んでしまい、スムーズなストロークの妨げになります。

 

また、やんわり握るからって、グリップ内でキューをコネコネしないこと!

 

⑦ 手首のスナップは気にしない

よく、狙いをつける際の予備動作を、手首から下だけを動かしてする人がいるけど、それはダメ!

 

予備動作であっても、動かすのは肘から下を振り子のようにってのが基本です。

 

参考記事①>>>ビリヤード上達のコツ!良いフォームとストロークは上級者から盗む?

参考記事②>>>ビリヤード上達のコツ!基本は自然体のフォームとストローク?

参考記事③>>>ビリヤードのストロークを安定させるには?「二挙動」を習慣づける!

 

スポンサードリンク


 

ショット

① “突っつく”のではなく、しっかり撞き抜く

フォロースルーを意識して、手球をしっかり撞き抜きます。

じゃないと、球撞きならぬ「球つっつき」になっちゃいます。

 

② 慣れない動作なので違和感があるのは当然。慣れるまで素振りあるのみ

ここで嫌気が差してやめちゃったらビリヤードに縁がなかったと思ってくださいな。

 

できればマイキューを買って、暇な時には自宅でも鏡やガラスに自分を映して素振りしましょう♪

 

参考記事>>>ビリヤード上達のコツ!良いフォームとストロークは上級者から盗む?

参考記事>>>ポケットビリヤードでシュート力が安定(向上)しない人の特徴とは?

 

狙い

① よく言うイメージボール・・・ない物をイメージするのは難しいので、立体ではなく平面として捉えよう

つまり、どういうことかって言うと・・・

 

② ポケット方向への的球と手球の重なり具合をイメージする

 

③ どうしてもダメなら、テーブル上に目標となる点をイメージする・・・ラシャの汚れとか縫い目とか・・・

これらを複合的(組み合わせて)に認識できるようになれば、厚み(狙い)の精度が上がると思いますよ♪

 

参考記事>>>ポケットビリヤードの狙い方!見ただけで球の厚みが分かるようになる?

 

基本からさらに高みへ行きたい方は、こちらも参考にしてみてね♪

 

Nabe流!A級への最短コース

 

 

ナベ
おいらに質問のある人は、

遠慮なく「お問い合わせ」から連絡してね♪

 

スポンサードリンク




 





いつも応援、ありがとうございます♪




人気ブログランキングへ




ピックアップ記事

  1. 撞点の選び方!決定方法の手順を解説!ビリヤードのショット&コントロール
  2. 手球クッション際の土手球!ショットのコツや苦手の理由と克服方法!
  3. ビリヤードブームの再興を!こういう女性が日本のビリヤード界に光を灯す♪
  4. ころし球とは?コツや使いどころは?ビリヤードのショット&テクニック!
  5. ビリヤードのコツとは?本当の初心者のために最短の上達法を考えてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人ご挨拶



みなさんこんにちは♪

当サイトにお越しくださりありがとうございます♪

19歳から47歳まで東京に暮らし、2013年に故郷の沼津へ戻ってきました。

一時は離れた球撞きの世界ですが、暇になったせいか虫がうずき、ちまちまと再開した今日この頃・・・。

これまで培った経験やノウハウ、よけいな思い出話などを披露しております。

掲載している図はすべて手作りですので、撞点やコースなど自身の適当な所感によるところが大きいです。

なので、質問やご指摘など、ドシドシお寄せいただければ嬉しいです。

詳しいプロフィールについては、
こちらをご覧くださいませ♪



ポチっとしてくれたら
喜びます♪



人気ブログランキングへ


最近の記事

PAGE TOP